Solist Work Blog

List of all blog posts

Githubの作業をすぐ始める

PPAP-Framework を作りたいと思いたったので おもむろに(どこのディレクトリからでもよい)

github-new-repository PPAP-Framework

コマンドをたたくと以下のようになる

githubコマンドの説明

github にリポジトリを作って README.md を初回コミットして リポジトリのあるディレクトリに移動する。 ghq で設定した作業ディレクトリによしなに準備してくれるので 何も考えずにすぐそこから作業を始められるのがいい。

今まではブラウザで github にアクセスして色々ボタンを押してリポジトリを作って ソースファイルを作るディレクトリを掘ってそこに移動して git clone コマンドをたたいて README.md ファイルを作りコミットする。 …なんてことをやっていたのからすると大変便利になった。

面倒くさいことは徹底的に排除しておかないと やる気があるときの情熱を損ないかねない。

install


ghq と hub が必要なのでインストールしておく。

sudo pacman -S hub
yaourt ghq

~/.gitconfig を

[ghq]
    root = ~/src

GOPATH を

export GOPATH=$HOME
export PATH="$PATH:$GOPATH/bin"

としておくと go の src と github を ghq で一緒くたにできるので便利

mkdir tekitou
cd tekitou
git init .
hub create

を一回実行すると認証があるので済ませると ~/.config/hub に oauth_token ができるので以降は自動的にできるようになる tekitou リポジトリができてしまうので github で消しておく。

その後、 .zshrc か .bashrc に以下を書いておくと使えるようになる。

function github-new-repository() {
    if [ $# = 1 ]; then
        ghq root && cat ~/.config/hub | grep user && cd $(ghq root)/github.com/$(cat ~/.config/hub | grep user | awk '{print $3}') && mkdir $1
        if [ $? = 0 ]; then
            cd $1
            git init .
            hub create
            touch README.md
            git add README.md
            git commit -m 'first commit'
            git push origin master
        fi
    else
        echo 'One argument is required For example, "github-new-repository newreponame"'
    fi
}