Solist Work Blog

List of all blog posts

Linuxで新しいことをやる意欲を削がないために

新しいことをやるのに億劫になり保守的になっている原因は以下のようなものであると思う。 こんなことはないだろうか? 何か新しいソフトウェアを試したくて

yum install pandoc

をたたいてみると以下のようなことになる。

pandocをyumでインストール

pandocをインストールするのに60パッケージ必要だそうだ。 まぁそれはUNIXの流儀にそっているからパッケージが多くてもいい。 でもおそろしいことにpandocいらないと思って

yum remove pandoc

すると以下のようなことになる。

pandocをyumでアンインストール

削除してくれるのはpandocだけ。 60パッケージもインストールしたのに1パッケージだけしか消してくれない。 59パッケージはまさにゴミであると言える。

仕方がないのでyum.logからインストールした59パッケージをコピペしてきて yum remove した画像が以下です。

不要なパッケージを手動でアンインストール

これが億劫で部屋に使わないものを溜め込んでいるようで シンプルでミニマルなstupidでない(と勝手に思い込んでいる愚かな)人間としては我慢ならないし、1 新しいソフトウェアを試してみようという意欲をそいでしまっているように思えてならない。

debian ubuntuもapt-get autoremoveで消してくれるのもあるがそうでもないのもあった。 しかしyumはひどいなdnfにしたらましになるのだろうか? もはや調べるのもめんどくさくなってきた。

dockerのcentos7のdnfでやってみたら

dnfを試してみる

エラーをはいてとまったので調査しないことにした。

ArchLinuxはきれいに掃除してくれる


ArchLinuxはスクラップアンドビルドが気兼ねなくできる2

sudo pacman -S pandoc

したものは

sudo pacman -Rs pandoc

で綺麗に全部消してくれる。

pacmanでアンインストールした場合

Gentooのようなディストリは大きなソフトウェアを全部ビルドしなければいけないことを考えると ビルドに時間がかかり億劫になって気軽に新しいソフトウェアを試す気にはならないだろう。

スクラップアンドビルドしよう


ArchLinux のパッケージだけで538303 Debian のパッケージだけで532624あるのだから もっといろんなソフトウェアをいじるべきだと思う。

スクラップアンドビルドしてもわりと簡単に元にもどせる環境であることが 新しいことやる意欲を削がないために必要なことであると思う。


  1. 人間はstupidだからkeep it simpleにしろと言っているのだと思うが… [return]
  2. pacmanはきれいに消してくれるが yaourt はきれいに消えないので注意。yaourt でいれたパッケージが気に入らない場合はlogからコピペするのはめんどうくさいのでshellを開いておいて気に入らなかったらすぐコピペで消せるようにしている。 [return]
  3. AURもいれての数 [return]
  4. Debian8.0のドキュメントに書いてあった [return]